大阪狭山市の訪問看護ステーションをご紹介します。

訪問看護について

  • 子りす訪問看護ステーション・介助入浴
  • 子りす訪問看護ステーション写真・服薬管理
  • あおば訪問看護ステーション写真1
  • あおば訪問看護ステーション写真2
  • さやまリハビリ訪問看護ステーション写真1
  • 訪問看護ステーションあらい写真1
  • 訪問看護ステーションあらい写真2
  • しんき訪問看護ステーション写真1
  • しんき訪問看護ステーション写真2
  • 訪問看護ステーションハート守写真1
  • 訪問看護ステーションハート守写真2

訪問看護とは、病気や障がいを持った人が、住み慣れた我が家でその人らしく生活を送れるよう、看護師などがご自宅に訪問してケアを提供するサービスです。
そのため、私たちは、日常生活と療養生活の折り合いを見つけながら、その人らしく過ごせる形を、ご利用者様やご家族様と共に探求していくことが訪問看護の役割だと考えています。

病院や施設での看護とは違い、常にそばにいるわけではありません。だからこそ、直接的な医療処置だけでなく、この先の変化を予測し、さまざまな職種の方々と連携を取りながら、ご利用者様やご家族様が安心して生活をしていただけるように支援を行います。

こんな時「訪問看護」を利用しましょう!

img2

疾病・障がいを持ちながら、ご家庭で療養されている総ての方が対象です。介護保険や医療保険でご利用可能です。「訪問看護」を利用する事によって、在宅療養に関する心配や不安が軽減するだけでなく、病状の悪化を防ぐことができます。

看護師や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がご自宅に訪問し、お一人お一人の状況に即した支援を行います。


訪問看護ステーションでは次のようなサービスを提供しています

療養上のお世話
身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
医師の指示による医療処置
かかりつけ医の指示に基づく医療処置
病状の観察
病気や障がいの状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
医療機器の管理
在宅酸素、人工呼吸器などの管理
ターミナルケア
がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なお手伝い
床ずれ予防・処置
床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
在宅でのリハビリテーション
拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等
認知症ケア
事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
ご家族等への介護支援・相談
介護方法の指導ほか、さまざまな相談対応
介護予防
低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス

ご利用については「ご利用の流れ」をご覧ください。またご利用についてよくあるご質問をまとめました。
疑問点などありましたら一度「よくある質問」をご確認下さい。

各施設により対応する事業内容などが異なりますので、ご不明の際や利用をご検討の場合は、希望される施設窓口へ直接お問い合わせください。

各施設の詳細はこちら

このページの上へ