大阪狭山市の訪問看護ステーションをご紹介します。

よくある質問

img1

  • 訪問看護を受ける場合どうすればいいでしょうか?

    訪問看護を開始するうえで、必要なことは、かかりつけの医師(主治医)の「訪問看護指示書」が必要です。
    かかりつけの医師の指示書がない場合、かかりつけの医師がいない場合はご相談下さい。
    また、介護保険の場合、ケアマネが決まってない場合もご相談下さい。

  • 訪問看護は誰が来てくれるの?

    訪問看護ステーションに看護職員として在籍している看護師が訪問します。
    リハビリ、機能訓練目的の利用者様には、理学療法士や作業療法士が訪問看護のカテゴリーで訪問を行います。

  • 緊急時の対応はしていただけますか?

    24時間連絡のとれる体制を作っている訪問看護ステーションでは緊急時の訪問も可能です。担当する訪問看護ステーションとの契約をしていただいていますのでご相談ください。緊急時にはかかりつけ医と連携し、症状の観察、緊急の処置などを行います。

  • 夜間や休日はどうなりますか?

    緊急時同様に24時間連絡のとれる体制を作っている訪問看護ステーションは時間外、深夜、休日の訪問も可能です。通常の定期的な訪問以外に、夜間・休日に突発してしまった病状の変化やトラブルに対しては、24時間電話連絡がとれる契約を加えていただくことで、電話での相談や必要時の訪問が可能になります。

    ※一部、夜間休日の対応体制をとっていないステーションがありますので、契約時にご確認ください

  • 費用はどのくらいかかりますか?

    年齢や疾患によっては医療保険か介護保険が適用されます。
    医療保険の場合:1~3割の負担、介護保険の場合:原則1割負担です。

    訪問回数は医療保険では通常3回/週までとなっていますが、病状や病名により毎日訪問ができます。
    介護保険では回数の制限はありません(病状や介護の具合、給付の範囲によりご相談の上で対応します)。また、病名や病状により公費対象や重度心身障害者医療費助成の対象になる場合があります。

    ご利用になる訪問看護ステーションが制度や料金のご案内をいたします。お近くのステーションにお気軽にお問い合わせ下さい。

    お近くの訪問看護ステーションはこちらからご確認下さい。

このページの上へ